ホームランでリードするも、中盤に追いつかれ延長12回サヨナラ負けで2連敗。 E3-4H

4月21日(金)ソフトバンク vs. 楽天 4回戦
ヤフオクドーム 観衆30142人

ソフトバンク: 中田、嘉弥真、森、サファテ、岩嵜、五十嵐 – 高谷、鶴岡
楽天: 釜田、高梨、福山、森原、ハーマン、松井裕、菅原、青山 – 嶋、足立
勝利投手:五十嵐 (2勝0敗0S)
敗戦投手:青山 (0勝1敗0S)
セーブ :
本塁打
ソフトバンク:
楽天:岡島1号(2回表ソロ)、茂木5号(5回表ソロ)

先日のライオンズ戦と同じような展開。
試合の序盤、岡島と茂木のソロホームランなどで3点をリード。投げては先発の釜田が5回まで被安打1と好投していたのが6回裏に突如崩れた。リリーフした高梨、福山も抑えきれずに同点とされてしまう。

打線は6回以降わずか2安打。勝ち越し点を上げることができずにイニングが進む。
勝ちのなくなった延長12回、1死満塁のピンチで青山がデスパイネに犠牲フライを打たれて万事休す。2試合続けての延長12回サヨナラ負けとなってしまった。

ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人トリオが抑え込まれてしまい、序盤に突き放すことができずにズルズル。
延長に入ってキャッチャーを足立に替えた場面、あそこは細川だったら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です