先発辛島好投、無失点投手リレー。今季2度目の4連勝で貯金を9に E2-0L

4月18日(火)西武 vs. 楽天 2回戦
 県営大宮 観衆15757人

西武: 高橋光、武隈、野田 – 炭谷、岡田
楽天: 辛島、森原、ハーマン、松井裕 – 嶋
勝利投手:辛島 (2勝0敗0S)
敗戦投手:高橋光 (0勝2敗0S)
セーブ :松井裕 (2勝0敗7S)
本塁打
西武:
楽天:

岡島のタイムリーで先制、ペゲーロの内野ゴロの間に追加点。打撃で圧倒したわけではなかったが、チャンスで1点をもぎ取る野球でリードする。
茂木、ペゲーロの1・2番コンビに注目が集まるイーグルス打線だが、島内、岡島、藤田、嶋らの下位打線の出塁率は軒並み3割を大きく超えている。下位打線の粘り、塁に出るという強い意志が得点に結びついているようだ。
 
投げては先発の辛島がライオンズ打線を寄せ付けない。散発の3安打、三振8つを奪い6回を投げきる。7回からは森原、ハーマン、松井裕のトリプレットが盤石リレーでライオンズ打線を抑え込んだ。
 
明日はエース則本が先発。前回10安打されて6点を失ってしまったライオンズ打線に対しどんなピッチングを見せるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です