悪い夢を見ていると思いたかった6回

 久しぶりに電車(仙石線)に乗って野球場(仙台市民球場)まで足を伸ばした。
 車内は空いていてゆっくりと座ることができた。もっとも球場までは10分ほどなので立っていてもなんてことはないのだけれど。出発直前に駆け込んできた大学生ぐらいの男性が向かい側に座った。タオルを出して汗を拭く様子が目に入る、黒地に黄色で文字が書かれていて――お、銀次のタオルと思ったら――広げていくうちに本多雄一と読めた。おとといの試合を思い出して、今日の試合もヤな予感。
 今日からマリーンズ2連戦。岡田、デスパイネ、角中と開幕から調子のいい打者には特に注意だ。勢いに乗らせると怖い打線だよな。先発の辛島が要所を抑えて3失点ぐらいならなんとかなるだろう。そんなふうに試合経過を予想してヤな感じを振り払った。
 たしかになんとかなった。
 試合は速報で時々チェックしていて、5回を終わって1対1の同点のところまでは良かった試合。辛島はランナーを出しながらも最少失点で切り抜けていたし、ウィーラーにも初ヒットが出たようだし後半勝負だな。って思ったところまではなんとかなっていた。
 でもそこまで。
 辛島6回に自滅、2アウトランナーなしからフォアボール、ヒット、フォアボールで満塁にしたところで降板。横山が2番手でマウンドに上がったんだけど、役者が違ったというか、岡田に走者一掃の三塁打(松井稼とウィーラーが交錯、ひょっとしたら捕れていたかも)を打たれたのが悪夢の始まり。続く7回、マリーンズ打線を勢いづけてしまった横山はメッタ打ちで、守備もボロボロ。打者一巡で大敗を決定づける6失点。速報をチェックするのをやめた。
 球団創設間もない頃には中盤から終盤にかけて投手陣が打ち込まれるのを、魔の6回などと言っていたけどね。まだそんな表現をしたくなってしまう試合だったなぁ。


2016年3月29日  QVCマリンフィールド 13:00
観衆数:19248人 試合時間:3時間31分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イーグルス 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 6 3
マリーンズ 1 0 0 0 0 3 6 2 X 12 16 1

E ●辛島 、横山 、加藤 – 嶋 、伊志嶺
M ○石川 、南 、阿部 – 田村 、江村
ヒーロー(個人的な) 今江(4打数2安打)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です