嗚呼、嶋、青山よ。嘆きの延長10回

 風はまだちょっと冷たいけれど、春らしい陽気の日曜日。
 天然芝のグラウンドが日に映えて、人工芝とは違った雰囲気。圧倒的な前評判のホークスを迎えての開幕シリーズは、ここまで1勝1分けとイーグルスが一歩リードしていることもあって、すがすがしい気分なのである。
 今日先発の釜田は右肘手術のリハビリを終えてローテーションに復帰。昨シーズン終盤に一軍のマウンドを経験し、約2年ぶりの勝利を手にはしているけどちょっと心配。ホークス打線相手に大丈夫かなぁ、長いイニング投げられるだろうか、などなど。
 立ち上がりに柳田に3塁打、内川にフォアボ―ルを与えたときはもうビクビク・・・・初回から心臓に悪い。ピンチを切り抜けて序盤の3回を無失点で投げきって一安心。
 と思いきや、4回にも柳田と内川に打たれてまたピンチ、ホント嫌なコンビだよ。ウチの3番4番は今シーズン未だノーヒットなのに。
 結局のところ、危ない場面はあったのだけどホークス打線を見事に抑えて8回を無失点だった釜田。打線の援護がなく勝ちはつかなかったけれど、ルーキーイヤーの2012年にファイターズ相手に1-0で初完封勝利を挙げた時を思い出す。次の登板が楽しみになってきた。
 釜田の後の9回は松井裕が抑えて、裏の攻撃。あっさり2アウトとなったけれど、茂木、ゴームズ、藤田と出塁し満塁、これ以上ないサヨナラのお膳立てができあがった!
 なのに、嶋はあっさり初球を打って内野ゴロかー、もうちょっとサヨナラのわくわくを味わっていたかったよ。
 こういう展開になるとね、もうチャンスの後に大ピンチありというのがお約束。で、ピンチをしのげない。
 延長10回にリリーフした青山が2アウトまで取りながら打たれちゃう。本多に打たれた一球、嶋が高めを要求するようにミットを動かすのを見た瞬間の嫌な予感といったら。打たれた後はウワーってカンジで、あれよあれよと7失点。終わった。


2016年3月27日  Koboスタ宮城 13:00
観衆数:25455人 試合時間:3時間40分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 7 10 1
イーグルス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0

H ○武田 、飯田 – 高谷、鶴岡
E 釜田 、松井裕 、●青山 、石橋 – 嶋
ヒーロー(個人的な) 釜田(8回被安打3無失点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です