史上初、開幕3連勝と3戦連続2ケタ奪三振

 エースが投げる試合とはこういう試合。
 完璧に相手打線を抑えたという内容ではないのだけれど、イニングを重ねるごとのにジワジワと相手を制圧していくような則本のピッチングだった。
 初回からあっさりと点を奪われてしまうし、逆転した直後に失点、状態が良いとは言えない則本だったのが5回以降は見違えるような投球を見せてくれた。エースの粘りの投球に応えるように、打線は6回にウィーラーのホームランで勝ち越すと、嶋がスクイズを決めるなど大技小技で3点を奪う。
 そして則本は投球数100球を超えてなお凄みを増す。勝ち超した後の7回は3者連続三振、8回も2三振を奪った。この日も2ケタの三振を奪い勝利投手となった。開幕から3連勝、そして2ケタ奪三振の同時達成はプロ野球史上初のことだそうだ。
 夜風の冷たさをほとんど感じなかったし、良いナイトゲームだったな。


2016年4月8日  Koboスタ宮城 18:01
観衆数:22811人 試合時間:2時間55分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ファイターズ 1 0 0 1 0 0 0 0 1 3 8 1
イーグルス 0 0 2 0 0 3 0 0 X 5 8 0

F ●メンドーサ(0勝2敗0S)、谷元、鍵谷、マーティン – 大野
E ○則本(3勝0敗0S)、松井裕(0勝0敗3S) – 嶋
ヒーロー ウィーラー(勝ち越しホームラン)、則本(開幕3連勝&3試合連続2ケタ奪三振:プロ野球史上初)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です