サヨナラならず、引き分けなんだけど良かった試合

 今シーズンのペナントレース順位予想は、どのメディアでもホークスがダントツの1位となっている。あの戦力、投打ともに実績のある選手がそろっているんだからさ、そりゃぁそうだわなぁ。

 イーグルスはどう見られているかというと、ホークスとは対照的な最下位予想ばかりだ。

 週刊ベースボール2016年4月4日号 週刊ベースボール2016年4月4日号の記事によると、1ホークス、2ファイターズ、3ライオンズ、4バファローズ、5マリーンズ、6イーグルスの順番となっている。予想した20人のうち19人がホークスを1位に推し、16人がイーグルスを最下位にしている。

 まぁね、選手の顔ぶれを見てこれまでの実績を比べたらしょうがないかなとイーグルスファンながら思うわけだけれど、そんな予想をひっくり返す番狂わせ、ジャイアントキリングがキモチイイのですよ。

 そんなわけで、昨日の開幕戦で1位予想のホークスに逆転勝ちした余韻に浸りながらの2戦目も、相手先発がバンデンハークとなればあまりお気楽にはしていられない。対するのが昨シーズン無敗の難攻不落のピッチャーとなれば、少ないチャンスを生かして得点し、逃げ切る展開にしたいなぁ。

 などと思っていたら3回に藤田の3塁打+岡島の犠牲フライで先制。さあ塩見、ここからが見せ場ホークス打線を抑えてやれ・・・・って直後の4回にあっさり逆転されて5回にも追加点を奪われてるし。
 なんとか立ち直って、それ以上の失点は防いだものの7回までわずか2安打と打線が抑え込まれているんじゃなぁ。このまま押し切られちゃうんだろうか、なんて弱気になっていた8回に藤田のヒットを足がかりに銀次が同点タイムリー。

 残念ながら勝ち越し、サヨナラとはいかなかったけれど、見応えのある試合だったな。
 昨日はノーヒットだった茂木は2本の長打、オコエは盗塁を決めて球場を沸かせた。ウィーラーがダイビングキャッチを決めたのもイイ。


2016年3月26日  Koboスタ宮城 13:01
観衆数:25102人 試合時間:4時間39分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ホークス 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 8 1
イーグルス 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 3 5 0

H バンデンハーク、Hバリオス、H森福、H五十嵐、サファテ – 高谷、鶴岡
E 塩見、石橋、横山、H松井裕、H青山、Hリズ、福山 – 嶋、伊志嶺

ヒーロー(個人的な) 藤田(2安打2得点)、ウィーラー(レフトフライをダイビングキャッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です