オコエプロ初スタメン、チームは連勝ストップ

 注目のルーキーオコエが2番センターでプロ初スタメン。
 どこまでできるかなぁ、と思って見ていた。守備はまずまず無難にこなしていたけれど、打席では結果を出すことはできなかった。
 試合結果から見れば、あと1点がどこかで取れていれば――って思わずにはいられない。特に、3番銀次、4番ウィーラーが打っていた序盤に2番のオコエが出塁していればなぁ、と。
 あるいは、4回に4連打されて追いつかれた場面や、9回に勝ち越しタイムリーを打たれた鬼崎への初球の入り方がどうにかなっていれば・・・。
 結果論だからどうとでも言えるんだけど、それだけ悔いが残る試合だったんだよなぁ。
 日曜日に負けると堪えるんだよね。ただでさえ休日の終わりで憂鬱だというのに、それに敗戦の憂鬱感が乗っかってくるダブルパンチ。ブルーな月曜日を乗り越えるために敗戦の中から良いところを探してみるんだけど今日は簡単には見つからない。オコエがヒットでも打っていれば違ってきたんだけどさ、今日のバッティングじゃぁ次につながる光が見えてこなかった。送りバントの場面で代えられてしまったしなぁ。
 やっと見つけたのはウィーラーがマルチヒットで打点を挙げたぐらいか、四番が打ってくれていると少しは安心していられるから。


2016年4月3日  Koboスタ宮城 13:00
観衆数:26357人 試合時間:3時間26分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ライオンズ 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 9 0
イーグルス 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 8 0

L バンヘッケン、○高橋朋(1勝0敗1S)、S増田(1勝0敗1S) – 炭谷
E 釜田、金無英、●福山(0勝1敗0S) – 嶋
ヒーロー(個人的な) ウィーラー(2安打1打点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です